第5回「熟成古酒の魅力に迫る!」熟成古酒セミナー

日 時2019年2月19日(火) 19時00分~21時00分
場 所FBOアカデミー東京校
(■都営地下鉄三田線「春日」駅下車 A5・A6出口 徒歩3分 ■都営地下鉄大江戸線「春日」駅下車 三田線ホーム経由A5・A6出口 徒歩3分 ■東京メトロ丸ノ内線「後楽園」駅下車 4b出口 徒歩10分 ■東京メトロ南北線「後楽園」駅下車 8番出口 徒歩8分)
概 要 次回は第5回として2月19日(火)に「東力士」「熟露枯」の島崎酒造にご担当いただき「洞窟で長期間熟成させた大吟醸のテイスティング」を開催します。
入場料一般6,000円
FBO会員4,000円
長期熟成酒研究会会員4,000円(事前振込)
前売券

長期熟成酒研究会会員の方は、一般6,000円のところFBO会員と同額の4,000円(事前振込)で受講できます。
以下のFBOの専用申込フォームからお申込ください。
https://goo.gl/kvGJtA

主 催 NPO法人FBO(料飲専門家団体連合会)/SSI(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会)  
協 賛 なし
長期熟成酒研究会では、唎酒師の資格を認定しているNPO法人「FBO」に協力して熟成古酒セミナー「熟成古酒の魅力に迫る!」を開催しています。
 次回は第5回として2月19日(火)に「東力士」「熟露枯」の島崎酒造にご担当いただき「洞窟で長期間熟成させた大吟醸のテイスティング」を開催します。テイスティングは熟成期間が異なる大吟醸4種(1年、5年以上ブレンド、10年以上ブレンド、20年以上ブレンド)が中心。第2次世界大戦末期に戦車を製造するために掘られた洞窟内の夏期15°C、冬期5°Cの安定した環境中で熟成が進みます。熟成期間によってどのような違いが出るでしょうか。
<講師>
・島崎健一 株式会社島崎酒造 代表取締役社長
・山上龍雄 株式会社島崎酒造 技師
・小森真幸 SSI研究室専属テイスター(ナビゲーター)
<テイスティング酒(予定)>
熟露枯 大吟醸 1年
熟露枯 大吟醸 5年以上
熟露枯 大吟醸 10年以上
熟露枯 大吟醸 20年以上
熟露枯 山廃純米原酒
 長期熟成酒研究会会員の方は、一般6,000円のところFBO会員と同額の4,000円(事前振込)で受講できます。以下のFBOの専用申込フォームからお申込ください。
fryer